IPweプラットフォームのご紹介

2021年4月、IPweは、IBMと協業して「特許NFT」を開発することを発表しました。

その特許NFTを実現する「IPweプラットフォーム」がいよいよ稼働開始!

Welcome to IPwe

特許取引に特化したプラットフォーム

IPweプラットフォームは、特許取引に特化したプラットフォームです。

特許取引における従来の課題を最新のデジタル技術を使って解決することで、特許取引をシンプルでわかりやすいものに変え、特許を活用しやすくします。そして、特許マーケットに透明性と流動性をもたらすことで、特許を新しいアセットクラスとにすることを目指します。

たとえば、自社の特許を売却しようとする場合、まず、売却しようとする特許を、自社の特許群(特許ポートフォリオ)から特定し、次に、その特許に興味を持ちそうな相手を見つけ出して、売却を提案します。相手方は、購入する価値があるかどうかを検討し、その価値があると判断した場合には、売買契約を締結し、代金を支払い、その特許の権利を移転することになります。

このようなプロセスにおいて、IPweプラットフォームでは、売却対象特許を特定し、その特許に興味を持ちそうな相手を見つけるのをAI(人工知能)で支援し、取引プロセスをスマートコントラクトでコントロールし、権利者情報や取引履歴をブロックチェーンに記録することで、取引の安全性を確保します。

AIで特許の価値を評価

IPweプラットフォームでは、お客様がアップロードした特許をAIが評価し、収益化できそうなものを見つけ出します。そして、収益化できそうな特許については、さらに、自社にとっての価値と他社にとっての価値を、金銭的に表示してくれます。

下に表示されている画面には、その特許の自社にとっての価値は389,000ドルであり、他社にとっての価値は1,500,000ドルであると算出しています。そして、この特許については、自社が独占的に実施するよりも、他社にライセンスして収益化してはどうかと提案しています。

Discover Asset Value

スマートコントラクトで取引プロセスをコントロール

スマートコントラクトは、予め設定されたルールに従ってトランザクションを自動実行するものです。IPweプラットフォームでは、契約の実行や、請求書の送付、所有者の変更などの特許取引のプロセスを、スマートコントラクトを使ってコントロールしています。これにより、特許取引のプロセスの透明化標準化を実現しようとしています。

特許NFTとは?

NFTは、それぞれが固有のものである特殊なトークンです。1つ1つが固有のものであるため、アートやゲーム内のアイテムなどのデジタルアセットと関連付けて、そのアセットを保有する権利などを認証するために使用されています。

特許NFTでは、特許に関する権利を認証するために使用されるもので、事業資産を対象とする最初のNFTと言えます。そのトークンには、関連づけられている特許の権利者情報などが記録されます。

ブロックチェーンに記録することのメリット

ブロックチェーンは、記録されたデータを改ざんすることが実際上困難です。

IPweプラットフォームでは、取引履歴がブロックチェーンに記録されていくことで、権利者の最新情報が確実に記録されていきます。世界中の特許の最新情報がこのブロックチェーン上に記録されていきます。そのため、IPweは、これを「グローバル・パテント・レジストリ(世界特許原簿)」と名付けました。

もちろん、各国の特許庁がそれぞれ特許原簿を管理していますが、特許庁の特許原簿の内容が必ずしも最新の状況を反映していない場合もあります。それは、移転登録するための手続きのコストを嫌って、その手続き自体を行わないことがあったり、手続きをしても、それが特許原簿に反映されるまでには、タイムラグがあったりするためです。

権利者の最新情報が記録されていないかもという状態は、取引リスクを高めます。また、そのリスクを低減するために人手でレビューする場合には、そのためのコストがかかります。

IPweプラットフォームでは、特許取引が完了した場合には、瞬時にその取引の内容がブロックチェーン上に記録されますので、そのような取引リスクやコストを削減できます。

新しい特許の活用方法「スマートプール」

 IPwe Smart Pools

IPweは、このようなプラットフォームを開発したことに加え、このプラットフォームを利用した新しい特許の活用方法も開発しました。「スマートプール」と呼ぶものです。スマートプールとは、先進技術や新興技術のリーダー的な企業グループ(「創設者」)が、関連する特許群を会員企業に一括してライセンス提供する仕組みです。

IPweプラットフォームを利用することで、その管理が自動化され、運用コストを削減することで、会費が低く抑えられます。

これにより、創設者にとっては、ライセンス機会が大幅に拡大され、また、自社技術の採用を促進し、研究開発への投資収益率(ROI)を向上させることが期待できます。

また、その会費は、会員企業の収益レベルに応じて設定され、中小企業やスタートアップ企業に負担が少なくなるように設計されています。これにより、少ない負担でライセンスを取得して事業活動の自由(FTO)が得られます。また、他社からの攻撃に対する防衛的なアンチトロール機能も提供していますので、特に、経営資源が限られ、自社単独で十分な特許ポートフォリオを構築することが難しい中小企業やスタートアップ企業にとって良いツールになるのではないでしょうか。

経営指標としての特許へ

IPweのミッションの一つとして、ビジネスや財務の責任者に知財を理解してもらえるようにする、というものがあります。経営幹部にとって、知財が重要ということは理解されてはいても、必ずしもわかりやすいものではありませんでした。IPweは、特許を経営指標として位置付けられるようなものにしていきたいと考えています。

こちらに表示されている画面では、自社の特許資産の価値や格付けが表示されています。また、他社の特許資産の状況も表示されています。

単なる特許の出願件数や取得件数だけでなく、特許資産の価値や、特許資産から生み出される収益を見える化していくことで、特許が重要な経営指標に組み込まれていくことを期待しています。

Compare against the Market

ぜひ皆さまの特許の活用のためにご検討ください!