秘密情報を守るためには?
Trade secret

秘密情報を守りたいときは、その秘密情報を開示する相手と秘密保持契約書を締結すると思います。ただ、契約書を締結して満足するのではなく、秘密漏洩のリスクを減らすための運用にも気を配っていただきたいと思います。相手が万一その秘密情報を漏洩してしまった場合、契約違反の責任を追及することはできます。しかし、その情報は他にも知られることになり、秘密の状態には戻すことはできません。ですから、それが本当に重要な情報なのであれば […]

他社との共有特許を売却できるか?
Joint patent

他社と共同研究開発をしたときに、その成果である特許を相手方と共有(たとえば、それぞれ50%ずつ保有)とすることがあるかと思います。そのような共有特許を、将来、売却やライセンスしたくなったときは、どうしたら良いでしょうか?その特許の貴社の持分を売却またはライセンスしようとするときは、少なくとも日本の特許法では、相手方の同意を得なければなりません。つまり、相手方が同意しない限り、貴社はその特許を売却したりライセンスしてマネタイズすることができません。貴社が持分を売却することに相手方が同意したとしても […]

特許のマネタイズに関するよくあるご質問
FAQ

特許取引関係でよく聞かれる4つの質問に回答してみました。特許のマネタイズにご興味があればご覧ください。特許をどうやってマネタイズするか?なぜ貴社の特許は売れないのか?貴社の特許はどのくらいの価格で売れるのか?買主は貴社の特許を買う前にどんな調査するのか?

買主は貴社の特許を買う前にどんな調査するのか?
Due Diligence Review

貴社が売りに出している特許に買主が興味を持ったときには、その特許が本当に購入する価値があるものかどうかを検討するための詳細調査(デューデリジェンスレビュー)を行います。このレビューでは、買主は、例えば、以下のような項目について、売主から情報を入手しながら調査していきます。権原:売主がそれらの特許の正当な権利者かどうか?権利の状況:例えば、特許料を支払っていないために失効していないか? […]

貴社の特許はどのくらいの価格で売れるのか?
Patent valuation

特許を売却するとき、希望額としていくらを提示するのが良いのでしょうか?あなたが欲しい額を提示して構いません。そうは言っても、相場を知りたいかもしれませんね。特許取引市場での提示価格(2020年)以下の表は、2020年に特許ブローカーが取り扱った案件での希望価格を示しています。特許1件、米国特許1件、1ファミリーの希望価格について、それぞれ平均、中間、最低、最高の価格を示しています。例えば、米国特許については、平均302,000ドルだったとのことです。ご覧いただいてわかるように、最低価格と最高価格にはだいぶ差があります。[…]

なぜ貴社の特許は売れないのか?
Why are our patents not selling?

残念ながら、どんな特許でもマネタイズできるというわけではありません。実は、売りに出しても、買いたい人が現れない特許も多いのです。では、どんな特許なら売れるのでしょうか? 1. どこかの会社が侵害している特許 1つは、どこかの会社が、その特許技術を使っている特許、すなわち、侵害している特許です。特許権者は、その会社に対して訴訟を起こして、侵害製品の販売を止めさせたり、侵害により生じた損害の賠償を要求したりすることができます。そのため、その企業は、このような問題が発生しないように、その特許を買い取ることを検討します。その特許技術が実際に使われていることを証明する資料(使用証拠、EoU)が用意されている特許は、EoUがない特許よりマネタイズしやすく[…]

特許をどうやってマネタイズするか?
Patent Monetization

特許を収益化(マネタイズ)する方法はいくつかあります。1. 特許を売却する 特許権は、他に売却することができます。特許権の一部を売却して、相手方と共有することもできます。ですので、もし特許を買いたい人を見つけたなら、あなたは、その人にご自身で直接売却することができます。また、特許ブローカーに依頼して、買主を見つけてもらって売却することもできます。2. 特許をライセンスする 自分の特許を他者に使用させることで、ライセンス料を受け取ることができます。特定の相手に独占的にライセンスを与えることもできますし、非独占的にライセンスを与え [...]...