大学と企業の共有特許の問題
Joint research

以前、政府の事業で、その地域の大学の知的財産を有効活用する地域プロジェクトを支援する事業に携わったことがあります。地域プロジェクトのビジネスモデルやコア技術の評価を行ったのですが、コア技術の特許が、企業との共有になっているという問題に直面することが多くありました。共有特許の問題点 日本の大学は、研究費や特許出願費用を企業に負担してもらう代わりに、その特許を共有にすることがよくあります。共有にすることは両者にとって妥協しやすいのですが、後々面倒な問題に発展する可能性があるのです。日本の特許法では、共有特許の各共有者は、[…]

IPweは知財担保融資を促進するか?

「IPweは金融機関の担保として知的財産を利用することを促進すると思いますか?」という質問を最近受けました。実は、日本では数年前から、知財に基づく融資を政府が促進しています。政府は、金融機関のために知財評価にかかる費用を負担しています。ただ、現時点ではまだ、金融機関は、その評価報告書を、実際の融資判断のための重要な資料としては位置付けているわけではないようです(*1)。金融機関が担保として知的財産を利用する上でのチャレンジは、概ね以下のようなものではないかと思います。その特許の担保価値の評価が難しい。特に、評価額が実際の市場の相場と合っているかは疑問が残る。[…]

特許技術の募集

以下の分野で特許技術をお探しのお客様がいらっしゃいます。ガラスカーテンウォール用の自動洗浄ロボット 電気自動車用バッテリ火災の消化システム 特許の収益化にご興味がありましたら、ぜひご相談ください。

経産省「標準必須特許のライセンスにおける誠実交渉指針」を策定

標準必須特許(SEP)に関わる紛争が世界各国で発生しており、今後、異業種間でのSEP紛争が増加することが予想されます。そのため、日本政府(経済産業省)は、SEPライセンス交渉において、特許権者と実施者がとるべき望ましい対応を示しました(*1)。以前(2018年)には、特許庁が「標準必須特許のライセンス交渉に関する手引き」を公表しています(*2)。特許庁の手引きは、国内外の裁判例、競争当局の判断、ライセンス実務をもとに、ライセンス交渉に関する論点を客観的にまとめたものだったのに対し、今回の経済産業省の文書は […]

効果的な特許防衛戦略をお持ちですか?

ロシアとウクライナの戦争に関する悲惨なニュースを毎日目にして、心が痛みます。一日も早く戦争が終わり、ウクライナに平和が訪れることを願っています。ビジネスの世界でも、紛争はしばしば発生します。貴社が望んでいなくても紛争に巻き込まれることがあります。貴社のビジネスが成功し、大きな収益が得られるようになってきたときに、それは突然起きたりします。貴社の製品やサービスに脅威を感じている企業もあるのです。その企業は、特許を使って、貴社の製品やサービスを市場から排除しようとするかもしれません。特許はビジネスにおいて強力な武器となります。 […]

中小企業にIPweのスマートプールへの加入を勧める理由
IPwe Smart Pool

IPweは、2022年3月9日、nChain社がブロックチェーン・スマートプールの最初のファウンダーになったことを発表しました。スマートプールは、IPweが開発した新しいタイプのパテントプールです。主要なイノベーションリーダー企業(以下、「ファウンダー」)が、先端技術や新興技術に関する特許群を、その技術を利用する他の企業(以下、「メンバー」)にライセンス提供します。スマートプールは、ファウンダーにとっては、ライセンス機会を大幅に拡大し、また、自社技術の採用を促進し、研究開発への投資収益率(ROI)を向上させることに役立ちます。一方、メンバー企業には […]

特許情報フェア&コンファレンスに参加します
Patent Information Fair

日本で最大の知財イベント「特許情報フェア&コンファレンス」が2月2日〜4日に東京で開催されます。そこで行われるパネルディスカッションに、当社代表の渡邉がパネリストとして参加することになりました。このパネルディスカッションでは、デジタル技術の進展が知財の世界をどう変えつつあるのかが議論されます。渡邉は、特に、特許NFTを実現し、特許取引を促進するためのAIも搭載したIPweプラットフォームの最新状況を紹介します。もしご興味がございましたら、ぜひご参加ください。

サプライチェーン上のどの企業も特許紛争に巻き込まれる可能性があります
Patent infringement in automotive industry

つい最近(2021年10月)、日本製鉄が、鉄鋼製品に関する自社の特許権を侵害しているとして、中国の鉄鋼企業に加えて、顧客でもあるトヨタを訴えたことで多くの人を驚かせました(*1)。そして今、日本製鉄がさらに三井物産も訴えたことでさらに驚かせています(*2)。なぜなら、三井物産は関連製品を製造していないからです。実は、特許法は、侵害品を「製造」する行為だけでなく、「販売」したり「使用」したりする行為も侵害としています。そのため、特許権者は[…]

食品・飲料用アクティブパッケージング技術に関するビジネス機会のご紹介
Partnership

当社のクライアントは、食品包装抗菌シーラントフィルム事業のビジネスパートナーを探しています。同社は、特許で保護されている抗菌剤「非溶出」技術を保有しています。同社は、既に、マスターバッチの製造のために日本の大きな化学企業と提携しており、また、そのマスターバッチを海外に提供するために日本最大の商社とも提携しています。現在探しているビジネスパートナーに対しては、当該食品包装抗菌シーラントフィルム製造のための特許技術のライセンスするとともに、マスターバッチを提供することになるでしょう。同社の技術は、食品の賞味期限を大幅に延ばすことができ、従来設備で製造コストを削減することもできます。また、食品包装抗菌フィルム市場は […]

技術の採用を促進するための新しい方法
Smart Pool

貴社は、新たに開発した技術の採用を促進したいとお考えですか?もしそうなら、特許を活用する新しい方法をご紹介させていただきます。当社と提携しているIPweが「スマートプール」という新しい特許プールの運用を開始しました。これは、新技術の特許ポートフォリオを保有するイノベーションリーダーが、そのイノベーションの採用を促進するために、その技術を使用したい企業に、非独占的なライセンスを提供するコンソーシアムです。AI、ブロックチェーン、スマートコントラクトといった技術を採用したIPweのプラットフォームを使うことによって取引コストを低く抑えられます。その結果、特許保有者は、競争力のあるライセンス価格を提示することが可能になり […]